ネットでのカード決済には十分注意する

カード情報流出は、大きなものは事件としてニュースで報道されますが、報道されない小さな事件も含めると、結構、頻繁に起こっています。ネットでの売買が盛んな現在、クレジットカードを利用する機会は多く、ほとんどの人がクレジット決済でのショッピングをしているのではないでしょうか。
そんな社会の盲点をつくようにカード情報流出が起きており、誰でもその被害に遭う危険性はあります。

では、カード情報流出の被害に遭わないためは、どのようなことに注意したらいいのでしょうか。ネットショッピングをする機会の多い人は、セキュリティ対策をしっかりするのはすでに常識です。
またカード決済などで情報を入力する際は、必ず通信が暗号化されていることを確認することをお勧めします。

最近はクレジットカード番号生成ソフトまでできているらしく、インターネットショッピングでの買い物には注意が必要です。クレジットカードジェネレータと言うのをご存知でしょうか。クレジットカードの数字に特殊な計算を加えて、他人のカード番号を割り出す「クレジットマスター」と言われる手口に利用されているようです。さらに、入力されたクレジットカード番号がクレジットカード番号として有効かチェックする「クレジットカード番号デジットチェック」と言うソフトが有ります。ネットショッピングサイトを利用し、クレジットカード番号の入力を求められる際は十分ご注意ください。

さらに、取引の相手が信用のできる相手かどうかも、よく検討したいものです。実際にショップでクレジットカードを利用したときは、必ず領収書を保管しておき、毎月送られてくるクレジットカードの利用明細書を一つひとつ確認することが大切です。

また、クレジットカード番号と有効期限とを伝えるだけで第三者がカードを悪用出来てしまう場合があります。電話でクレジットカード番号などで聞かれた場合は、むやみにクレジットカード番号や有効期限を伝えないでください。利用者が手続きなどで問い合わせた場合、本人確認のために聞かれることはありますが、クレジット会社から電話でクレジットカード番号などを問い合わせすることはありません。

メールでクレジットカード番号を連絡するのも大変危険なことです。第三者に漏れる恐れがあります。メールでクレジットカード番号を連絡することは、極力避けた方がよさそうです。

利用明細書はウェブ上でも確認できるサービスがあります。もし心あたりのない利用を発見したら、すぐにクレジット会社に連絡をとるようにしてください。かつてはクレジットカードの請求書やカード伝票にはクレジットカード番号が記載されていましたが、現在ではほとんどが伏字となってい ます。これもセキュリティ対策の一環として行われています。

カード社会と言われる今日、カード情報流出の危険は誰にでもあります。届いたカードの利用明細はきちんとチェックし、不正引き落としがないかどうか確認しましょう。
そして、もし購入した覚えのない金額が引き落とされていた場合は、即クレジット会社に連絡し確認することです。

そのするためにも、24時間受付の電話番号を調べておき、いつでも連絡できる状態にして控えておくといいでしょう。自分ではいくらきちんと対策をしていても、取引先の情報管理のずさんさから流出してしまうこともあります。
カード情報流出による被害に自分だけは遭わないという考えは捨て、もしものときには、すぐに対応できるようにしたほうが賢明です。